和装の腰紐について・群馬県高崎市の着付け教室から

何度か使用すると腰紐がくちゃくちゃになってしまうのですが、そのような場合は、腰紐にもアイロンをかけてください
くちゃくちゃのままで縛ると、腰紐自体がでこぼこして着物が綺麗に着られません。

ウール素材の紐、シルク素材の紐は虫に食われ易いので、時々、アイロンをかけておくと虫食い防止にもなります。
使用後に菱形に丸めて形を整えておくと保管中もくちゃくちゃにならないのですが、丸め方がわからない方は、真ん中から二つに折って、それを普通にロール上にして保管しておくと良いでしょう。

確実に汗をかいた後は、ウールが洗える洗剤で簡単に手洗いして、半乾きくらいの時にアイロンで形を整えると良いでしょう。
群馬県高崎市の着物の着付け教室・花がたみ着付教室では、たしなみとして見えない所、他人からは見えない物こそ綺麗にして着物を着るように指導しております。
外見の着物や帯は美しくても、小物や下着がきちんとしていないと、本当に高価な物を身に付けたと言う気持ちにはなれないのです。
ダニや虫が知らない間に付着していて、アレルギーやかゆみの元になったり、着用しているうちに体温と一緒になってタンスの埃臭い臭いや、長い間の防虫剤の臭いが気になる場合もございます。
ご本人が気になるだけでなく、同席した方に食事を伴う席などで古い着物や帯、小物の臭いを感じさせることの無いように、心がけたいものです。
誰にもわからなくても、自分だけは知っているわけですから、いつか言動や立ち振る舞いに影響することがあるわけです。
どなたかと一緒に着る場合、会場で着替える場合、お稽古などの場合は、他の方の物と間違える場合がありますので、名前を書いておくか、目立つ糸で小さくバッテン印などを縫い付けて、自分の物がわかるようにしておくと良いです。


群馬県高崎市飯塚町1766
花がたみ着付教室
電話027-361-5696




入会随時、受講料一回千円、個人指導、手結び、お稽古曜日や時間帯の変更可能、着付師範資格取得も可能な明るくアットホームな着物の着付け教室です。
単に着物を着るだけでなく、マナーや礼節、和服の歴史などを幅広く学びたい方は、是非、ご入会下さい。
ちょっとした知識や経験が、新しいご自分の自信につながり、新たな喜びを見出すことがございます。
日本の伝統文化である和服が、是非、そういった皆様の転機になればと願いながら、日々、楽しくお稽古をさせていただいております。

画像




花がたみ着付教室













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0